GoodsList

get them all if you want

PR エレコムダイレクト

[PR]エレコムダイレクトでもアウトレットあります。

ガジェット

Kindle fire TV stickをしばらく使ってからの感想

更新日:

fire TV stickで動画生活が超快適になりました。

Amazon FireTV stick でテレビでも快適動画生活

最大の長所

テレビの大画面で動画を観れるということ。huluやNetfrixなどの有料動画サービスもAbemaTVやGyaoなどもKindle Fire TV Stickにアプリをダウンロードして観ることができます。

ちょっと弱点あり

[追記:2019.04.29]
Youtubeがまた正式にサポートされることになったとのことです。
[追記:ここまで]
[追記:2019.08.09]
いつからかYoutubeアプリが復活してました。
[追記:ここまで]

2019年2月現在、Youtubeアプリがありません。以前はYoutubeアプリがあったので簡単にYoutubeを観ることができましたが、AmazonとGoogleの関係によりYoutubeアプリは削除されました。ただ、ウェブブラウザアプリをインストールすることでYoutubeをFire TVでも観ることができます。

不便ではないが不満な点

電源ボタンがないのでコンセントを抜かないといけない

電源ボタンがないので、電源を切る時はコンセントを抜かないといけません。20分ほど放置するとスリープモードになるようですが、なんだか電気がもったいない気がするし、起動に時間がかかるわけでもないので、観ない時は電源を抜くようにしてます。
リモコンのホームボタンを長押しすると、画面にスリープボタンが出るのでそれを使ってスリープさせることもありましたが、電源を抜く方が簡単なのでスリープボタンも使わないようになりました。

Bluetooth接続

fire TVのリモコンはBluetoothでの接続です。ということで、Bluetoothの機器を使うことができます。
今の所、ヘッドホンくらいしか繋げたことはないです。安いヘッドホンなので遅延があり、動画視聴には厳しかったのですぐに使わなくなりました。
Bluetooth機器の接続は簡単でした。

感想

総合的に考えると、買ってかなりよかったです。大画面で動画を見ることができるのは最も嬉しいことだし、なにより、いろんなコンテンツを手軽に楽しむことができるのはとてもありがたいです。

うちに遊びに来てKindle fire TV stickを体感した友人が高い割合でAmazon Primeに入ってるので、Amazonのオリジナルコンテンツも魅力的なようです。

Amazon Prime会員の年会費が日本国内だと安いので、これからも安いままでいてほしいです。

AD

[広告]

AD

[広告]

ブログ村

スポンサー

[広告]



-ガジェット
-,

Copyright© GoodsList , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.